お金が足りない!

毎月頑張って仕事をして給料をもらっているわけです。
これはアルバイトであってもパートであっても正社員であっても
変わりませんね。

ですが、毎日頑張っていてもなぜかお金が足りない状況になったりしませんか?
よくお金を貯めてないからきつくなると言われたりしますがお金を貯める余裕がない
可能性だってありますね。

お金が足りない状況で考えなければ行けない事

お金が足りない状況を作らない為にお金を貯めておくことはごもっともな意見なのですが、
そもそも根本を考えておく必要があります。

それはお金が足りない原因です。
よく聞く話しなのですが、お金が足りないと言っている方はお金の使い方がおかしい
です。いらない事にお金を使っている場合が多い気がします。

私の友人の話しですが、お金がなくて2000円貸して!、3000円借りられない?
などよく言われるのですが、お金が足りなくなる原因が携帯電話の使いすぎなんです。
何かあるとすぐに電話をかけてきます。携帯電話の代金が月5万もかかるみたいなんです。

多くても1万円くらいで済むはずなので使いすぎですよね?

話が脱線したのですが、ムダに使っているお金がないかどうかを
考える必要があります。自分の月の収入に合わせて、住む場所や
使えるお金も計算して使う必要があります。

一体何にお金を使っているのかを1ヶ月くらい調べてみると
かなりのムダが発見できるかと思います。ムダを失くすことで
お金が足りない状況が改善されたりします。

キャッシングすることで改善されるケースもある

支出のムダを見つける事を言ってきましたが、
お金が足りない分をキャッシングするという手段もあります。
上記で収入に見合った生活をすると言いました。例えばですが、
収入が減った為、収入に見合う生活をするために家賃を押さえたいとします。
そうした場合、引越しする必要がありますね。新たに契約するわけなので
少しまとまったお金が必要なのですが、長い目で考えると、月々の返済分を
考えたとしても、引越した方がお金に余裕がでてくるはずです。
このようにキャッシングしてお金を借りて生活を変えてみる事で改善されるケースも考えられます。
当たり前ですが引越し等の場合、家賃が1000円安い所に引越ししても意味がありません。
差額がある程度ある所に引っ越す必要があります。

当サイトではキャッシング体験談を紹介しています。

当サイトではお金が足りない状況においてキャッシングを利用した体験談を紹介しています。
参考になる体験談があれば幸いです。